一般歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科 広島市西区横川 よこがわ歯科

院内のご紹介「個室の診療室でプライバシー保護に努めております」

院内のご紹介

CT(coputed tomography)を導入しました

従来のX線写真は二次元的な平面での診断しかできませんでしたが、CTを使用することで三次元の立体画像での、より多くの情報が得られるようになりました。

インプラント治療

CT検査を行うことで、インプラントを埋入する部位の骨の状態を立体的に確認することができます。 結果、より正確な診断が可能になります。

親知らずの抜歯

部位を立体的に確認することで、神経を傷つけてしまう可能性や、周囲の炎症の程度、位置なども判断・考慮した上で治療を行うことができます。

根管治療など

これまでのX線写真では見えなかった部分まで見えるため、歯根の先の病巣部や治療後の状態もより正確に把握出来るようになりました。より歯根の完治の確率が向上します。